こんにちは、熊谷墓園石材部の林です。

今回は、墓地の購入について書かせていただきたいと思います。

 

墓地を入手する際、「 墓地を購入する 」という表現が使われます。

このため、墓地の所有権を手に入れたと勘違いしてしまうかもしれませんが、土地の所有権は墓地の管理者が持っています。実際には、その墓地を半永久的に使用できる「 永代使用権 」を手に入れたことになります。ですから、墓地の購入の際に支払う代金を「 永代使用料 」、または「 墓地使用料 」と言います。

永代使用権は一般に期限がありませんので、代々に渡り墓地を受け継いでいくことができます。しかし、それはお墓の「 承継者 」がいることが前提であり、承継者がいなくなれば権利はなくなります。また、承継者は一人に引き継がれるものなので永代使用権を第三者に譲ったり、売買することは基本的にできません。

ただし、永代使用権を購入した人が高齢になったり、亡くなってしまった場合は、永代使用権の名義を親族の名前に変更できます。名義変更の手続きは、墓地の管理者に届け出ます。墓地の管理料などの費用は名義変更をした人が払うのが一般的です。