こんにちは、熊谷墓園 石材部の林です。

今回は本日行われる全国的にも有名な、京都の五山の送り火について書かせていただきます。

 

「五山の送り火」よりも「大文字焼き」の方がピンとくる人が多いのではないでしょうか。一般的には「大文字焼き」と呼ばれていますが、正確には「五山の送り火」が正しい呼び方です。毎年8月16日に京都で行われている伝統行事で、京都を囲む山にそれぞれ「大文字」、「左大文字」、「舟形」、「鳥居型」、「妙法」の形に火を灯すというものです。五つの山に五種類の送り火を焚くことから「五山の送り火」と呼ばれるようになりました。

この五山の送り火は、お盆の先祖供養の一般信仰「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と結びついたもので、お盆に帰ってきた先祖の精霊を各家で供養したあと、再びあの世へ送り出すという意味があります。大文字の送り火は護摩木に自分の名前と病名を書いて火床の割木の上にのせて焚くと、その病が治るという信仰があり、消炭を持ち帰って粉末にし服すると持病が治るとも言われています。