こんにちは。熊谷霊園石材部の丸山です。

前回に引き続き、今回も日本仏教の歴史について

かかせて頂きます。

江戸時代後期には、古事記などの日本固有の精神文化を探求した

国学や、日本古来の神道を尊ぶ復古神道などが完成致しました。

これらは、尊王攘夷思想として発展し、明治維新の原動力となりました。

こうした思想を背景に成立した明治政府は国家統合のために

天皇を頂点とした国家神道を柱に据え、古代神祇官を復活させました。