皆様、こんにちは。熊谷深谷霊園墓石事業部の沼田です。
「泥中の蓮」といって、蓮は泥中の中で、その清らかな花を咲かせます。悪い環境においても、なお蓮の花のような清らかさを保つ事のたとえであり、

煩悩のけがれを払って、悟りの世界をあらわすことのたとえでもあります。「蓮は濁りに染まず」とも言います。

「いさごに黄金、泥に蓮」という言葉があります。つまらない砂の中にもすばらしい黄金がまじり、よごれた泥の中にも清らかな悟りの花が咲く、と言う前述の言葉と同じ意味です。

蓮は、蓮の花が咲いているその中にすでに実(種子)をつけていることから、人間生まれてすでに仏になる種子を宿しているのだということを象徴的にあらわしたものと受け取られてきました。