こんにちは、熊谷深谷霊園 石材部の佐藤です。
突然ですが、『冗談』を言ってください。
そう言われたら、面白い事やふざけた事を言うと思います。
もっぱら、ふざけた行動や話の意味で用いられていますが、本来『冗』は、暇とか無駄という意味を持っていました。
つまり暇つぶしの話であり、無駄話の事であり、必ずしも笑いを伴うと限ったものではなかったのでした。
ところで、仏教ではこの言葉は、どんな意味を持っていたのでしょうか?
この場合はもっぱら仏道修行には関係のない、役に立たない話が冗談とされていました。
お釈迦様は冗談一つ言わない真面目人間にしか思えなくなりそうですが、話術は一流だったのですから、きっと役に立つ笑い話をしていたのではないでしょうか?