皆様、こんにちは。熊谷深谷霊園墓石事業部の沼田です。
菩提寺とは、『檀家寺』『檀那寺』とも言われ、そのお寺に先祖代々のお墓があり、法要や葬儀などを勤めてもらうお寺のことです。
歴史的に見ると、お寺の果たす役割も時代によって随分変わってきました。
国家安穏を祈願する場として、また修行や学問の場として、現在では、檀徒の葬儀や供養を行ない、仏道修行の道場として役割を担っています。
このような意味からも、菩提寺を仏事の場としてのみ考えるのではなく、人生の規範を学ぶ場所としてもとらえたいものです。