皆様、こんにちは。熊谷深谷霊園墓石事業部の小島です。

松下幸之助氏の言葉ですが、

「悪い時が過ぎれば、よい時は必ず来る。おしなべて、事を成す人は、必ず時の来るのを待つ。あせらずあわてず、静かに時の来るを待

つ。時を待つ心は、春を待つ桜の姿といえよう。だが何もせずに待つ事は僥倖を待つに等しい。静かに春を待つ桜は、一瞬の休みもなく

力を蓄えている。たくわえられた力がなければ、時が来ても事は成就しないであろう」

困った時の神頼みといいますが、できる限りのことをしてはじめて心静かに結果を待つことができるのだということですね。

「原因と結果の法則」にも同様のことがかかれています。

熊谷深谷霊園龍泉寺ホームページはこちら