こんにちは、熊谷深谷霊園石材部の林です。
今回も引き続き卒塔婆について書かせていただきます。

・右繞(うにょう)はインドのお墓参りの仕方
インドでは古来より、お釈迦様のお墓をお参りする時は、かならず時計回り=右回りで、心静かにストゥーパを回ります。これを「右繞(うにょう)」といいます。日本のお寺の仏殿でもこのルールは守られています。
「右繞仏塔功徳経」には、在家の人が仏塔を右繞して礼拝供養すると、「仏法を聞くのに妨げとなる八つの障害(八難)を離れ、どこでも正しい知恵を得て失わず、福財を得て、長寿となり、高貴な位に生まれるなどの功徳がある」と記されています。

続く