こんにちは、熊谷墓園 石材部の林です。

今回も引き続きオリジナルデザイン墓について書かせていただきます。

 

・どんなお墓にしたいかをイメージする

伝統的なお墓を基準にして、その中に故人の思いを表せるお墓のイメージを見つけられるかどうかを確かめましょう。次に、それに何を加えればよいのかをイメージしてみます。それには、彫り込む言葉に思いを込める、装飾に趣味や仕事や思い出を加える、墓石のデザインや質感・色調にもっと工夫をこらすなどの方法があります。また、すでに建立されている墓石や石材店に置かれているニューデザイン墓石も参考にするとよいでしょう。そして、伝統的なお墓の形などをあまり意識せずに、独創的なお墓のイメージのアイデアをつくります。

・自分以外の家族との間に、お墓づくりについてのイメージの合意をはかる

故人の思いを形にするとはいっても、個人墓にするのか、家族墓にするのかによってお墓のイメージも変わってくるはずです。そのお墓を承継してくれる子孫の受け取りようも含めて、家族を一緒に具体的な形を詰めていくことが大切です。