こんちには。 熊谷霊園 石材部の丸山です。

前回に引き続き、天台宗の教えについて書かせて頂きます。

天台宗の密教部門である台密は、最澄の死後、弟子の円仁や

円珍が唐に学んで確立させた。

円珍の死後、円珍派の僧は比叡山を離れ、三井寺に拠点を移したことや

火災などで伽藍が失われたことにより、一時比叡山は衰えました。

しかし、18代天台座主の良源が伽藍の再建や、寺院内の規律を

正すことによって、再興させました。