厄年とは文字通り災厄に遭いやすいと言われる年齢です。

厄年の風習は平安時代からあり、陰陽道に起源があると言われていますが、はっきりした根拠などは不明です。

例えば、男性は4歳・13歳・25歳・42歳61歳、 女性は4歳・13歳・19歳・33歳・61歳

などが厄年とされることが多いようですが、なぜその年齢かと言えば、語呂合わせで

42歳は「死に」、33歳は「散々」に通じるからなどと言われることが多く、科学的な根拠はありません。

昔は13歳頃に元服して大人の仲間入りをし、男性なら25歳頃には仕事の中心を担って、42歳頃には

現役を退いて隠居し、女性なら19歳頃には出産して33歳頃には、子育ても一段落するなど、厄年は

社会的な役割や生活環境が変わる頃にあたる事から役割を担う年=役年から厄年になったと謂われる

事もあります。

いずれにしましても、今年も早1年、来年に向け「厄払い」について参考になればと思います。

<a href=”http://saitama-reien.com/”>熊谷深谷霊園龍泉寺ホームページはこちら</a>