お参りご苦労様です。熊谷霊園石材部岩木です。

今回も憧れの書斎について書きます。
前回の終わりに次回は「書斎のススメ」について書きますとお伝えしたので、今回は書斎が必要か?について
私なりのススメを書こうと思います。

私が書斎を手に入れてから今日までの感想から言うと、書斎が出来てからの方が、家族と気持ちよくお互い
生活する事ができる様になった気がします。

良かった点をいくつか挙げますと、

1.私自身の一人きりの居場所ができて、気持ちに余裕ができた。
2.夫婦喧嘩をした時に妻の顔を完全に見ない空間でクールダウンできて仲直りまでの時間がお互い短縮できた。
3.作業(仕事)に集中できる。
4.自分の好みの部屋を作れる。

他にも良かった点はまだありますがとりあえずそんな感じです。
それと、ほぼ勝手に黙って造った書斎ですが、妻からの苦情一件もありません。今のところは。

それどころか意外だったのが妻も時々作業部屋として貸してくれと言い出しました。(笑)
書斎に物を借りにきたり、今日の子供の話をしにきたりと。

お互いが集中して作業をする共有スペースとして使われる書斎になりつつありますが、それでお互いがリラックス
できるならばいいかな。と思っています。
かと言って、余りにも集中しすぎて「閉じこもり」は家族の反発を買いますので注意が必要ですね。

そして書斎の魅力はいわいるテレビがあってくつろげる部屋と違って、デスクと本棚とパソコンとしかない書斎ですが、
このシンプルな空間が忙しく過ごす日常から一瞬離れて、想像以上に心にゆとりを与えてくれます。

私の「書斎」は元々物置ですが個人的には立派な書斎です。

家の中で、省スペースでも作業用の空間(特に仕切られていなくても)を自分なりにアレンジして書斎として活用して
みるといいかもしれません。

ではまた。